blog

冬の給湯器の凍結予防について

ニュースで周知されていることとは存じますが、今週末から来週にかけて非常に強い寒波が予報されています。

ご家庭で出来る「給湯器の凍結予防」についてのご案内です。

ちなみに、私はキッチンの水栓を開けて予防しております。

凍結が心配な方や凍結しやすい地域にお住まいの方は、是非お試しください。

詳しくは、お使いの機器に付属している取扱説明書の「凍結」について書かれてあるページをご確認ください。

エコキュートの凍結予防方法は?
A (1)ふろ配管の凍結予防
(フルオートのみ)
浴そうにお湯や水をはったままにする
※浴そう水を自動で循環させることにより、ふろ配管の凍結予防運転をおこないます。
(2)給水・給湯配管の凍結予防
外気温が0℃以下になると、保温工事を行っていても、給水・給湯配管が凍結することがあります。
このようなときは、リモコンで湯温を「水」に設定して給湯栓を少し開いておいてください。
1分間に200ml(コップ1杯分)程度の水がでるように、お湯側の蛇口を開けてください。
湯温を「水」に設定する ※一部「水」設定ができない機種がございます。 「水」設定できない機種については、1分間に200ml程度出るように『給水栓』を開けておくと、凍結しにくくなります。※お湯が出ない場合は、凍結が解消するのをお待ちください。
(3)貯湯ユニット部 給水・給湯配管の凍結予防
●風の強い場所のとき
配管に直接風があたると、熱をうばわれ配管の温度が下がり凍結することがあります。
脚部化粧カバー(別売)を取り付けると、風よけの効果があります。
(4)各部配管の保温材
給水・給湯配管、ふろ配管、ヒートポンプ配管は断熱材で覆われています。断熱材が破損していると凍結することがあります。
破損している場合は、販売店に連絡してください。寒い冬がくるまでにご確認ください。
保温工事をしていても周囲温度が0℃以下になると凍結します。機器や配管が破損する場合がありますので、凍結予防ヒーターを巻いて加温してください。

 

 

もし凍結してしまったら...

凍結した部分にタオルや布などをかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけてください。熱湯をかけると水道管や蛇口が破裂するので絶対にやめましょう。
蛇口を開いてもすぐに水が出てこなくても蛇口は必ず閉めておき、自然にとけるのを待ちましょう。