太陽光・蓄電池

solarpower

導入コンセプト

concept

施工実績 600件以上!

お客様にとって導入メリットの高い形でのご提案を。

プロの確かな技術と提案力でお客様の夢を叶えます!

イメージ:太陽光発電は自給自足の時代へ!

太陽光発電は自給自足の時代へ!

政府による2030年のエネルギーミックスが発表され、住宅用太陽光発電の設置は大きな注目を浴びています。以前は太陽光発電システムは高額で設置費用も高く、FIT制度の売電を念頭にした「投資目的」が主流でした。
しかし現在では本体価格も設置工事費用も随分と下がり、住宅用太陽光発電システムは「自家消費」が注目されてきました。
当社は600件以上の導入実績がある専門店です。お客様にとって、導入メリットの高いご提案をいたします。

岱電トラストグッドホームが、
電気を使える「喜び」と「安心」がある生活をご提案します。

売電

節電

蓄電

これまでは「売電」に注目されていた太陽光発電ですが、卒FITの売電単価が大幅減し、新規の売電単価も安価になってきました。現在では「持続可能なクリーンエネルギーの普及」に向かっています。これからは上がり続ける電気代・再エネ賦課金を意識して「節電」に取り組みましょう。
そして、近年増加傾向にある災害への備えで「蓄電」で家族を守るのです。もしもの時も快適に!誠実対応の岱電トラストグッドホームにおまかせください。停電時などに電気を使える「喜び」と「安心」がある生活をご提案します。

停電時も電気が使えて安心

停電時も電気が使えて安心

蓄電できる設備を整えて、近年増えている災害への対策を行いましょう。電気を買わない生活、安心な暮らしを目指します。

EV車・V2Hに対応

EV車・V2Hに対応

V2Hを増設して、家も車も電気は自給自足に!環境へのやさしさと暮らしの安心感を両立させることが可能になります。

再エネ賦課金への対策

再エネ賦課金への対策

発電力会社からの買電を減らすことができるため、「再エネ賦課金」の金額も抑えることが可能となります。

地球温暖化対策に貢献

地球温暖化対策に貢献

太陽の恵みを活かした自然エネルギー。
化石燃料や原子力を使わないことで、温室効果ガスの排出を実質ゼロへ。

Q.太陽光発電の導入って結局どうなの?
A.機種と業者選定が大事です!

太陽光発電システムを導入して「失敗した」と感じるのは、残念ながら「業者選びを失敗した方」がほとんどです。安さとシミュレーションを信じて導入したはいいけど、実際はシミュレーションほどの性能が出なかったり、設置場所が午後には山陰になってほとんど発電しないなど、期待していたメリットが全然得られなかったというお声を耳にします。

当社ではメーカー性能がちゃんと発揮できるソーラーパネルをお勧めしております。
また、設置環境を見て性能が発揮できないことが予想されるときは、正直に「やめた方が良いですよ」と導入断念をお勧めすることも多々あります。
おかげさまで導入したお客様からは「導入してよかった!」とおっしゃっていただけているのが誇りです。太陽光発電・蓄電池を導入ご検討の際には、是非とも岱電トラストグッドホームへご相談ください!

主要取扱メーカー

ロゴ:パナソニック
ロゴ:cic
イメージ:太陽光発電の導入って結局どうなの?

FIT終了後、これからの太陽光発電は
自給自足の時代へ

「売る」より「使う」の時代の太陽光発電、導入効果をシミュレーション!

熊本県玉名市で長州産業社製の太陽光発電5.68kW(20枚)と9.8kWhの蓄電池を導入したシミュレーション

年間推定発電量(kWh)

グラフ:シミュレーション
吹き出し:月々平均575.75kWh

売電効果
25,864

+

電気代削減効果
121,957

+

再エネ賦課金削減分
16,962

=

年間推定経済効果
164,783

お客様の場合、どのくらいお得になるか?
丁寧にご説明しますのでまずはお問い合わせください!

イメージ:増え続ける自然災害に備えて

増加する自然災害に備えたい方へオススメ

蓄電池は単機能タイプより、
ハイブリッドタイプをオススメします!

安心1

予期せぬ停電時、自動で太陽光発電の電力を利用できる

停電が発生した場合、単機能タイプの場合は手動で自立運転モード(停電時のモード)に切り替える必要があります。
一方ハイブリッドタイプの場合は発電電力をすぐに利用できます。

安心2

長引く停電でも生活を維持できる

単機能タイプの場合、停電時に使える電力は自立出力の容量のみとなり、充電に回せる量が少なくなってしまいます。しかしハイブリッドタイプの場合、しっかり充電しつつ、発電した電力を最大限活用することが可能です

卒FITの方へオススメ

蓄電池をプラスして、
「電気を極力買わない生活」へ

太陽光の買取期間は10年間。卒FITとなる11年目からは、売電価格が7円にダウンしてしまいます。(九州電力の場合)
そこで、卒FIT後は売電するより、昼間に発電した電気を蓄電池へ充電し、朝や夕方・夜の時間帯に使って電気の購入量を減らす方が断然オススメです!

蓄電池を設置の際、太陽光と蓄電池の両方を制御するハイブリッドパワーコンディショナがセットになっており、導入することで保証が15年間延長します。

図:蓄電池をプラスして、「電気を極力買わない生活」へ
イメージ:増え続ける自然災害に備えて

電気自動車をお持ちの方・ご検討の方へオススメ

V2Hシステムを導入することで、EV車を
蓄電池として、活用の幅が広がります!

  • 1EVでの電力を家庭で使える!
  • 2深夜電力をEVに充電して電気料金を大幅節約!
  • 3停電時もEVから電気を供給!
  • 4充電速度が倍に!
  • 5太陽光発電と組み合わせて燃料費を0に!

詳しくはこちら

太陽光発電・蓄電池の導入を
ご検討のお客様へ

費用対効果は出るのだろうか?どのくらい電気代の節約になるの?どのモデルがうちに合ってるかな?補助金について教えて欲しい!最初から蓄電池とセットで導入する方が良い?などなど、ご家庭の状況に合わせて弊社がしっかりご提案やアドバイスいたします。まずはお気軽にご相談ください。シミュレーターや補助金情報を使ってわかりやすくご説明させていただきます。

0120-737-031

お問い合わせ受付時間 9:00 – 18:00
定休日:日祝日・第2 、第4土曜日

よくあるご質問

FAQ
Q.

停電発生時、蓄電池や分電盤など、自分で何かを設定する必要がありますか?

A.

ハイブリッドタイプ(全負荷)ですと、自動で電気の供給を開始します。約5秒で供給されるので、夜に発生した場合でもすぐに照明が点きます。

Q.

太陽光発電は、屋根に載せても家への負担は大丈夫?

A.

5kW程度のシステムで、重量は1㎡あたり13,8kg程度となります。これは7~8㎝の積雪と同等です。数十年の歴史がある太陽熱温水器(天日)では、1㎡あたり70~80kgとなっているので、それと比較しても問題ない数値となっています。

Q.

再エネ賦課金ってなんですか?

A.

再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が買い取る為にかかった費用のことで、私たち利用者が電気代の一部として支払っています。月々の電気使用量に対して徴収額が決まるので、購入電力を減らすことで再エネ賦課金の負担軽減にもなります。

Q.

保証は何年ありますか?

A.

あります。
太陽電池のモジュール出力低下に対して25年保証。その他対象機器に製造上の不具合が生じた場合に15年保証。
雨漏りを含む施工保証が10年。(雨漏り保証は長州産業のみ)

(その他保証については、各メーカーの規定に基づく)